家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

尖閣諸島の陸に暮らす生き物たち
尖閣諸島の陸で暮らす生き物たち

左:久場島のカジュマル  右:センカクナガキワマリ

(1) 植物
(2) ホ乳類
(3) 爬虫類
(4) 昆虫
(5) 両生類
(6) 陸産カイ類
(7) 陸産カニ類
(8) 陸産エビ類



平成21年7月18日:「尖閣諸島の領有権問題」より分離
最終更新:平成22年11月29日           



尖閣諸島魚釣島の野生化ヤギの排除を求める要望書

 東シナ海に位置する尖閣諸島には、極めて長い地理的隔離の歴史と温暖な海洋性亜熱帯気候の もとで特有の豊かな生態系が形成されてきた。その中でも最大の島嶼である魚釣島は、センカク モグラ(哺乳類)、センカクナガキマワリ(昆虫類)(陸生貝類)などの固有種を含む貴重な動 物相、センカクオトギリセンカクハマサジなど3種2変種の固有植物を含む、少なくとも約 300 種からなる豊富な植物相を擁している。環境省版レッドデータブックでは、そのうちセンカクモ グラセスジネズミが絶滅危惧 IA 類、アオツラカツオドリが絶滅危惧U類、ミサゴカラスバ が準絶滅危惧種、タカラノミギセルアツマイマイが希少種に指定されている。植物では、絶 滅危惧種が19種(絶滅危惧 IA 類が9種、絶滅危惧IB 類と絶滅危惧U類が各5種)おり、沖縄県版 レッドデータブックでは、植物のうち9種が絶滅危惧種、21種が危急種、4種が希少種とされてい る。また、尖閣諸島ではかってすべての島で絶滅危惧U類のアホウドリが繁殖しており、その後 乱獲などによりほぼ絶滅状態になっていたが、最近になって付近の島で繁殖が再確認されてお り、環境が良好に保たれれば、再び魚釣島での繁殖も期待できる。このように、魚釣島の生物多 様性の価値とその保全の重要性は極めて高い。
 しかしこの島では、1978年に日本人が持ち込んだ一番のヤギが数百頭にも増加し、著しい植生 変化が起きている。例えば、最近の人工衛星を用いた画像解析研究の結果、島の面積の13.6%が 裸地化し、ほぼ全域で植生の衰退を示す兆候が認められている。自然分布地以外の場所に導入さ れ、増殖したヤギなどの大型草食獣は、食害などで植生に著しい影響を与え、最終的には生態系 全体に壊滅的な被害をもたらすことが世界的に知られている。こうした現象は特に採食場所が集 中しやすく、植物に採食への抵抗手段が発達しておらず、また草食獣の天敵がいない小規模な島 嶼で顕著であり、またそうした場所には固有の生物が多いので、被害は甚大なものとなる。日本 国内では小笠原諸島などで野生化ヤギによる被害が深刻な問題となり、大半が裸地化するほどの 被害を受けた島も存在する。
 このような外来種の管理に関しては、生物多様性条約第 8 条において「生態系、生息地若しく は種を脅かす外来種の導入を防止し、またはそのような外来種を制御しもしくは撲滅すること」 が締約国に義務づけられている。また、2002年4月には生態系、生息地及び種を脅かす外来種の影 響緩和のための指針原則が定められ、環境省はこれらを受けて、移入種(外来種)への対応方針 を定めている。したがって、魚釣島の生物多様性の価値を考えれば、外来種であるヤギの早急な 排除が必要である。

 以上述べたように、魚釣島では、ほぼ全域で野生化ヤギの影響が認められ、多くの生物が絶滅 の危機に瀕していると考えられる。今後この現状を放置すれば、島の貴重な生態系はさらに著し く破壊され、数々の貴重な生物が遠からず絶滅することが予測される。この様な事態を防止する ために、日本生態学会は政府及び関係自治体に以下のことを強く要望する。

 1.尖閣諸島魚釣島の生態系の現状を把握するための上陸調査を早急に実施すること。
 2.尖閣諸島魚釣島の野生化ヤギ排除のための事業を早急に実施すること。

 以上決議する。

2003 年 3 月 23 日
日本生態学会第 50 回大会総会

(全文: http://www.esj.ne.jp/esj/ESJ_NConsv/2003uoturijima.html

管理者:この中の「1978 年に日本人が持ち込んだ一番のヤギが数百頭にも増加し、」とあるが、 「領土編入と古賀辰四郎、領有後の尖閣諸島における漁業」によると、「1930(昭和5)年7 月に尖 閣諸島(大正島除く)を息子の古賀善次に払い下げるにあたって、沖縄営林署より同署員が出張し 実地調査を行った、その際の報告によると、島にはヤギもウサギ(黒)もいた(同年07/28 付先島朝 日新聞記事「この頃無人島」)。ヤギについては他にも、古賀商店からの聞取で生息していたとの 報告、漁師からの聞取報告の2 点がある。

@1943 年、八重山古賀支店店員伊地柴贇からの聞取によると、当時魚釣島には野ヤギ(原文野羊) が数百頭棲息していたそうである。(「軍事極秘1943 年08/03 付石垣測候所秘發第242 號」)。

A1920 年頃古賀(善次か與助であろう)は魚釣島に雌雄のヤギ2 頭を放したそうであり、そのヤギ はのちに群れをなすほど繁殖した。1935 年頃、同島で2 隻の鰹船が鰹漁を操業していたが、雨天 や風波が荒れて出漁できない日は、山羊狩りをしたそうである。これは同じく八重山古賀支店員 であった喜捨場孫正からの聞取である。(「南島研究」第40 号南島研究会刊1999.3 )」

 戦後の数回の調査ではヤギの存在を確認した報告書があることは見覚えがない。このヤギはそ の後何らかの理由で絶滅したのかも知れない。しかしこの記録は、参考の為に残しておいた方が よいと思うのでここに一言付け加えておく。(存在の確認がとれたら書き加えます)



















尖閣諸島の陸に暮らす生き物たち

尖閣諸島の植物
尖閣諸島の哺乳類
尖閣諸島の爬虫類
尖閣諸島の昆虫
尖閣諸島の陸産貝類
尖閣諸島の両生類
尖閣諸島の自然に関する資料